#3 クローゼットに眠るスカーフを活かして美しいニットウエアに甦えらせるStory Hermesカレ90 by Herite

家籠りを活かしてクローゼット断捨離。眠っているスカーフを発見したら、是非、美しいニットウエアにチャレンジ!

ピンッ!皺を伸ばして、美しく

前回は、スカーフを職人がスチームアイロンで綺麗に整え、柄出しデザインのご提案までのSTORY。今回は、スカーフをカッティング。

スチームアイロンで皺や折り目を綺麗に

スカーフの柄出しデザイン例

お客様から届いたスカーフの柄出しは、4~5種類のデザインをご提案。写真はアンサンブルニット。(カーディガン&ノースリーブ)。デザイン&種類が豊富なのが魅力的で安心。

 *アンサンブルニット(カーディガン&ノースリーブ)

 *アンサンブルニット(カーディガン&半袖ニット)

 *単品(カーディガン・ノースリーブ・半袖ニット)

 *プルオーバー

スカーフサイズはアンサンブルでは正方形スカーフだと縦横85cm以上、長方形スカーフでも製作OKなので、こちらはご相談。スカーフの厚さが薄過ぎると出来ない場合もあるそうですが、大抵はOK。

型紙を丁寧にマーキング

デザイン決定後、丁寧にデザイン型紙をスカーフにマーキング。シルク生地は滑るため慎重に。デザイン型紙の全てをマーキングしたらカッティング作業。

型紙に合わせチャーコールでマーキング

チャコールでスカーフに丁寧にデザインの型紙をマーキング

次回は、スカーフのカッティングをご紹介。

スカーフをお預かりし1週間程度で4〜5案の柄出しデザインをご提案。デザインを決定したら本格作業スタート。仕上がりを楽しみに待つのも有意義な時間。

前回までの製作過程は、こちらから↓

オフィシャルサイトはコチラ↓

To be continued。。。

スポンサーリンク
おすすめの記事