#7クローゼットに眠るスカーフを活かして美しいニットウエアに甦えらせる Hermesカレ90 by Herite

クローゼット断捨離すると、仕舞い込んで眠っているブランドスカーフが。久しぶりに巻いてみたけど、しっくりこない。。。そんな時は、スカーフをツインニット(インナー&カーディガン)、上品な大人の装いにするのもオススメ。眠っているスカーフを甦らせる職人のStory。今回は、ニットとスカーフを特殊なミシンで縫製するリンキング。

特殊なミシンで

型紙通りにカッティングされたスカーフとニットを特殊なミシンを使って職人が丁寧に縫い合わせをします。

リンキング

カーディガンの裾も特殊ミシンで丁寧に、そして慎重に縫い合わせます。職人技の手仕事の音にプライドを感じます。

リンキング

スカーフとニットの縫い合わせが完成。更に各部分の調整工程を終えたらボタンホール&ボタン付けに。シルク生地は滑りが良く、釣れやすいためリンキングはとても神経を使います。完成まで、今しばらく、時間が必要となります。オーダーメイドの醍醐味!

世界で一つだけのオーダーメイド

リメイクするスカーフはハイブランド商品が多いので丁寧に製作。スカーフの代替は聞かないので。世界で一つだけ、自分だけのオーダーメイド。次回はニッティング作業をご紹介。

前回のスカーフ製作の記事はコチラ↓

おすすめの記事