眠るフェラガモのスカーフをリメイク by Herite #2

話題のSDGsファッション。素材活用・リサイク・リメイクと幅広いです。まずは、身近で出来る事としては”リユース(再使用)”X”リメイク”。最高級素材を使用したブランドスカーフは、タンスの肥やしになっている人が多いのでは?使わないスカーフをカーディガンやニットして上品なアイテムに変身させて愛用したら素敵かも。国内の熟練した技術を持つ職人が丹精込めて丁寧にスカーフをニットに。1点づつ手作業のオーダーメイドなので基本サイズからの微調整OK。

スカーフ柄だしデザイン

スカーフの柄だしデザインは、4~6パターン提案されます。一見、どれも同じ柄だしデザインのように見えますが、少しづつ違っています。じっくり、自分の好きな柄だしを選ぶのも、セミオーダーメイドの楽しみです。デザインが決定したら、スカーフを型紙に合わせてカットします。

第一工程のマーキング

https://www.herite.tokyo/

お客様のスカーフに型紙を合わせて、職人がマーキング。スカーフはツルツルしているため、とても滑り易いので慎重に行います。職人さんも緊張する工程です。

前回の工程はコチラ↓

SDGsファッション推進中。

スポンサーリンク
おすすめの記事